2010年11月20日

マルク失敗?!

マザーカップが終わってから ちょっと体調を崩したシュンにナニかを移されたのか
なんだか体調がすぐれなかった18日。

ご飯も喉を通らず 気持ち悪さMAXで翌日の骨髄穿刺(マルク)検査がちょっと不安だった。
PB192364.JPG
と思いながらも19日になり 午後イチで取った予約のために病院へ・・・。

白血病を患った患者が定期的に骨髄の中身を調べて 再発の信号をいち早く得るために
行われるマルク・・・
(マルクって何?と思った方はhttp://www.h3.dion.ne.jp/~ueda.joy/mar.htmへ・・・)


いつも通り採血して 受付に戻りマルクを行う処置室に通される。

その間も気持ち悪さは変わらず こんな調子が悪くてもマルクできんのかいな?
と不安もMAXあせあせ(飛び散る汗)

そのうちに先生の準備も整い ベッドの上へ・・・
PB192366.JPG

先生にも体調が優れない事を伝えてみたけど マルクには
特別影響はないようで 特に中止にしようというような説明はなし。
私もそう思っていたので もうやっちゃってやちゃってダッシュ(走り出すさま)
的な気分手(チョキ)

「麻酔から行きま〜すexclamation」と先生が注射を始めた。
相変わらずイッタ〜イ注射で 思わずうめき声がでるたらーっ(汗)
麻酔が効くまでその痛い注射をされ 効いてきたらマルクの注射器がそこに打たれる。

なんだけど なかなか麻酔が効いて来ない。ってことは いつまでたっても
そこが痛いexclamation×2
「先生、まだ効かないみたい・・・もうやだ〜(悲しい顔)」といって
麻酔を増やしてもらった。だって痛いのはイヤでしょふらふら

「今日はいつもより苦しいな・・・あせあせ(飛び散る汗)」と思いつつ マルクができないことには終わらないので 痛みを我慢しつつも先生がマルクの針を刺し始めた。

いつもならこのあたりで まったく痛みはない頃なのに この日に限ってメチャメチャ痛いどんっ(衝撃)
ついうめき声が絶叫に近いものになる。
とうとう先生が
「今日はどうしたんだろ?痛そうだねあせあせ(飛び散る汗)どうする?やめる??やめようか?」
と聞いてきた。
その言葉にそれまでちょっとくらい痛くても我慢しちゃおうと思ってた私の心が折れた。

「今日は無理っぽいです・・・たらーっ(汗)

マルク断念・・・。こんな事初めて。
なんでだろ??

あとはマルクの針で骨盤の骨の中の骨髄を抜くだけで終わったはずだったんだけど・・・。

まぁいっかexclamation&question
採血の結果は白血球、赤血球、血小板ともにまったく問題ナシぴかぴか(新しい)だったし
白血病が再発してるような形跡はいっさい見受けられなかったんだから。

結局マルクは来月に持ち越しってことで手(チョキ)
次回は体調管理に気を付けて TRYしようっとグッド(上向き矢印)



で事後処理(消毒と止血)が終わったので(30分の安静が必要)帰ろうと
靴を履いてベッドから立ち上がろうとしたら
そのまま床へへたれこんだ私あせあせ(飛び散る汗)

立てないexclamation&question

エッ??なにコレ???


足が痺れて自由に動かない。それも左足だけ。
看護師さんが慌てて先生に連絡を取り 私は車椅子で移動。

どうやら麻酔をいつもより多く打ったために 左足の神経に効きすぎてしまったらしい・・・


先生から説明を受け そのままさらに1時間以上の安静の指示・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ったく踏んだり蹴ったりだよ・・・ダッシュ(走り出すさま)

PB192369.JPG
ホント、病気はもうコリゴリふらふら
皆さんも健康のありがたさを再確認してみてくださいねexclamation×2
posted by るちるち at 21:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | 急性骨髄性白血病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。